Company feature

KiSCOの特徴

Story

KiSCOについて

開発型メーカーとして歩み始めたKiSCOのイメージ

開発型メーカーとして歩み始めたKiSCO

Started as a developmental manufacturer

KiSCOは寿医科商事として1968年に大阪で創業し、おもに欧米の医療機器を日本で販売する商社として日本の医療従事者および患者さんに貢献してきました。そんな中、転機が訪れます。2011年、グローバルなトータルヘルスケア企業として邁進する「大塚ホールディングス」に仲間入りし、開発型メーカーとして『他のものまねをしない革新的な製品を市場に出す』という大塚のグループ理念のもと、新たな時代を歩み始めました。

唯一無二となる医療機器の開発と導入のイメージ

唯一無二となる医療機器の開発と導入

Development and introduction of innovative medical devices

『未解決な医療ニーズを捉える』。大塚グループの理念を背景に、独自の理念を追求してきたKiSCO。整形外科医療にイノベーションを届けるために、日本の医療現場の課題に耳を傾け製品を開発してきました。そして、 "日本初"と言うことができる唯一無二の製品開発、導入に成功したのです。また上市後も日々の手術で見出される課題を解決することに拘り、製品改良をおこなってきました。

世界の医療現場に貢献するためにのイメージ

世界の医療現場に貢献するために

To contribute to the world's medical practice

開発型メーカーとして日本の医療現場に拘り開発した製品を、日本のみならずアジア・欧米など様々な国、そして医療従事者に届け、世界中の人々の健康に貢献すること。これが我々が真に目指している姿です。そのために、まだ世界にない革新的な製品を創造することに日々挑戦しています。

KiSCO株式会社

KiSCO社員一同からのメッセージのイメージ

Message

KiSCO社員一同からのメッセージ

KiSCOは2011年に大塚グループの理念:Otsuka people creating new Products for better health worldwide に
共感し仲間入りしました。そして、弊社の理念を「革新的な製品を創り出し、質の高いサービスを
医療現場に提供し、世界の人々に貢献する」としました。
そこから自社設計開発力を高め、それらを補うユニークな製品の導入を同時に行い、「日本初」の製品をいくつか市場に出すことができました。
これからも同様な製品を市場に提供していく予定です。
ユニークでコンセプトのある製品を提供するに至るバリューチェーンにおいて、様々な困難がありましたが、
我々は、逃げることなく乗り越えることを決断しました。
そしてそれらの困難を乗り越えたことで、我々は仕事に高いプライドを持ち、成長しています。 理念に共感し実現することで、
今よりも世界を少しだけでもよくできる事にやりがいを感じるのであれば、ぜひ、一緒に仕事をしましょう。

Entry

以下のエントリーフォームをクリックすると、
弊社お問い合わせページに移動します

Requirement

募集要項へ

Entry form

エントリーフォームへ