8年目の決断。
理想のキャリアプランを
思い描いて。

営業企画部 Trauma担当Manager

10年目(2011年4月入社)

玄羽 広明

Q1 : KiSCOに入社した理由

『結婚を機に安定した業界で働きたい!』これが医療業界に興味をもったきっかけです。安定したイメージがあったので、医療業界をほぼ即決でしたね。そこからさらに自己分析をした結果、思い出したのが3度の骨折経験。あの不自由な生活が今だ忘れられず、整形インプラントを通じて医療に貢献したいと思うようになったのが、KiSCOに入社した経緯です。

Q2 : 私の仕事

KiSCO入社後は8年間営業部に所属し、それから営業企画部に異動しました。営業部では担当エリアの売上の最大化を目指してきましたが、営業企画部ではプロダクトに責任を持ち、『全国の売上を最大化』させることがミッションです。マーケティング戦略の作成、イベントの企画及び遂行、販促資材の作成、営業活動の分析、ローナーマネージメントなど業務は本当に多岐にわたります。初めは戸惑いましたが、勝手を知る営業部の仲間たちと連携しながら、日々の業務に励んでいます。

玄羽 広明

Schedule

ある1日の流れ

  • 10:00

    販促イベントについて社内会議

  • 11:00

    長期貸出手術器械の使用状況確認

  • 12:00

    自席でランチ休憩をとりながら仕事関連の情報収集

  • 13:00

    領域の権威である医師への訪問 or Web面談

  • 16:00

    主力製品販促資材作成

  • 18:00

    医師が講師を務める勉強会に参加

Q3 : KiSCOの魅力

長年見ていて感じるのですが、他部署へ異動してキャリアアップできることはKiSCOの魅力の一つだと思います。たとえば営業部から私のように営業企画部への異動もありますし、その他、人事部や事業企画部への異動などもあり、他部署からの経験を活かして様々な部署で活躍する機会があります。もちろん営業を極める道を選ぶことも可能なので、キャリアッププランが複数ある方でも本人のやる気次第で実現できる環境は整っていますよ。

Q4 : やりがいと目標

営業企画部の仕事は会社の業績に直結する部署です。なのであらゆる場面でやりがいを実感することがあります。たとえば企画したイベントや作成した販促資材の効果が出てきた時がそう。鳥肌が立つぐらい嬉しい時もありますね。もちろん巨額の数字を任されているのでプレッシャーもありますが、経験を積む中で、責任感も一種のやりがいとして昇華できるようになりましたね。

玄羽 広明

家族のイメージ

My favorite

営業企画部は出張が多く平日は家を空けることも多いので、休日は子どもと時間のある限り遊んでいます。子どもと遊んでいると、ふといいアイデアが浮かんでくることがあります。オンオフの切替が大事ですね。

Entry

以下のエントリーフォームをクリックすると、
弊社お問い合わせページに移動します

Requirement

募集要項へ

Entry form

エントリーフォームへ